読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分語りのブログ

TRPGやTCGあれこれ、本や映画の感想、その他雑記などを気ままに。

MTG:「アモンケット」プレリリース

「しろくろ2017」や先日遊んだ『CoC』のリプレイなど書きたい内容は数あれど、今回はタイトル通り好評発売中の「アモンケット」プレリリース参加レポです。いまさらプレリといわれても、な内容ですが一応記録。

4/23(日)、前回の「霊気紛争」と同じく「イエローサブマリンマジッカーズハイパーアリーナ」の午前の部に参加。

前回もダイスやボールペン、基本土地の貸し出しは行っていましたが、今回は基本土地を各テーブルに置くことで参加者が一々土地を取りに行かなくても良いように配慮されており大変助かりました。

マスピ《意思の力》の買い取り価格17000円に胸を踊らせつつプレリキットを開けるも、世の中そんな甘くはなく、一緒に参加した面子が新ギデオンや緑神を引く中、レアの弱いプールを引かされ気落ちしつつ何とか緑黒赤のジャンドカラーでデッキを作成。


f:id:binetsu2712:20170515160255j:plain●実際は森が7枚ではなく6枚。

《毒物の侍臣、ハパチラ》や《ロナスの勇者》など比較的強いカードは入っていますが、唱えるだけでアドを取れるカードが少ないことが懸念材料。以下プール一覧です。


レア
黄昏+払暁/Dusk+Dawn
アンコモン
ヘクマの防御/Protection of the Hekma
新たな信仰/Renewed Faith
コモン
選定の司祭/Anointer Priest
結束のカルトーシュ/Cartouche of Solidarity
強制的永眠/Compulsory Rest
デジェルの決意/Djeru's Resolve
扇持ち/Fan Bearer
俗物の放棄/Forsake the Worldly
突風歩き/Gust Walker
絶妙なタイミング/Impeccable Timing
オケチラの名のもとに/In Oketra's Name
力強い跳躍/Mighty Leap
レト一門の槍の達人/Rhet-Crop Spearmaster
仕える者たち/Those Who Serve


アンコモン
謎めいた海蛇/Cryptic Serpent
主張/Lay Claim
砂時計の侍臣/Vizier of Tumbling Sands
コモン
知識のカルトーシュ/Cartouche of Knowledge
抗えない主張/Compelling Argument
本質の散乱/Essence Scatter
大水/Floodwaters
ヘクマの歩哨/Hekma Sentinels
ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination
錯覚の覆い/Illusory Wrappings
周到の書記官/Scribe of the Mindful
川蛇/River Serpent
這い寄る刃/Slither Blade
叱責の風/Winds of Rebuke


レア
疫病吹き/Plague Belcher
不帰+回帰/Never+Return(プロモ)
アンコモン
信者の確信/Faith of the Devoted
呪われた者の王/Lord of the Accursed
コモン
枯死コウモリ/Blighted Bat
野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition
悪運尽きた造反者/Doomed Dissenter
砂丘甲虫/Dune Beetle
ただれたミイラ/Festering Mummy
最後の報賞/Final Reward
遺棄地の恐怖/Horror of the Broken Lands
痛ましい教訓/Painful Lesson
冷酷な侍臣/Pitiless Vizier
超常的耐久力/Supernatural Stamina
侵入者への呪い/Trespasser's Curse
死後の放浪/Wander in Death


神話レア
栄光の幕切れ/Glorious End
レア
損魂魔道士/Soul-Scar Mage
アンコモン
結束の限界/Limits of Solidarity
戦炎の投槍手/Warfire Javelineer
コモン
血に飢えた振起者/Bloodlust Inciter
感電/Electrify
燃えさし角のミノタウルス/Emberhorn Minotaur
ハイエナの群れ/Hyena Pack
ミノタウルスの名射手/Minotaur Sureshot
ネフ一門の鉄球戦士/Nef-Crop Entangler
捷刃のケンラ/Nimble-Blade Khenra
オナガトカゲ/Thresher Lizard
苦しめる声/Tormenting Voice
暴力的な衝撃/Violent Impact


レア
ロナスの勇者/Champion of Rhonas(foil)
アンコモン
好戦的な巨口/Defiant Greatmaw
ハパチラの刻印/Hapatra's Mark
第六感/Sixth Sense
活力の試練/Trial of Strength
コモン
ロナスの施し/Benefaction of Rhonas
活力のカルトーシュ/Cartouche of Strength
巨大百足/Colossapede
大蜘蛛/Giant Spider
花粉のもや/Haze of Pollen
ナーガの生気論者/Naga Vitalist
飛びかかるチーター/Pouncing Cheetah
採石場の運び屋/Quarry Hauler
弱さからの脱皮/Shed Weakness
苦しめる一射/Stinging Shot

多色/分割
レア
毒物の侍臣、ハパチラ/Hapatra, Vizier of Poisons
驚天+動地/Heaven+Earth
アンコモン
影嵐の侍臣/Shadowstorm Vizier
徹頭+徹尾/Start+Finish
粉骨+砕身/Reduce+Rubble
水流織り/Weaver of Currents

アーティファクト
アンコモン
オケチラの碑/Oketra's Monument
コモン
研ぎ澄まされたコペシュ/Honed Khopesh

土地
コモン
呪われた者の揺り籠/Cradle of the Accursed
色彩の断崖/Painted Bluffs
陽焼けした砂漠/Sunscorched Desert

1回戦:【赤緑】××
●1戦目
《枯死コウモリ》を《マグマのしぶき》で除去された後、こちらが《砂丘甲虫》、相手が《頭巾の喧嘩屋》を展開。その後互いにマナフラする中小刻みに督励で殴られて負け。

●2戦目
《生類の侍臣》を《最後の報償》で除去するなどして序盤の攻防を制し、《毒物の侍臣、ハパチラ》で盤面を制圧しにかかるも、的確にパワー2以上のクリーチャーを対処された後に出された《大いなるサンドワーム》に残りわずかなライフを刈り取られ負け。

試合後対戦相手の方にプールを見て貰いデッキを調整。弱いカード強いカードの認識を改めさせられました。

2戦目:【赤白飛行ビート】××
●1戦目
白の優良クリーチャーに攻めたてられた後、《採石場の運び屋》に《野望のカルトーシュ》を付けダブブロで落とされるまでに10点回復。不朽で再度展開された飛行クリーチャーを《驚天+動地》で落とし《燃えさし角のミノタウルス》で追い詰め勝ったと思いきや《ロナスの碑》、《熱烈の神ハゾレト》からの《栄光をもたらすもの》でミノタウルスを落とされ形勢逆転され負け。

●2戦目
《ロナスの勇者》からファッティを繰り出すもマナカーブ通り着地した督励ドラゴン君にむちゃくちゃされ負け。

3回戦:【白青黒コントロール】××
●1戦目
調子に乗って展開した軽量クリーチャーを《貧窮+裕福》で流され、こちらも負けじと《驚天+動地》するも不朽によるアド差が付き負け。

●2戦目
《イフニルの魔神 》を《活力のカルトーシュ》で《ハパチラ》の接死トークンと格闘させて除去するなどして窮地を脱するも、不朽の飛行クリーチャーを《呪われた者の王》で強化され突然の死。

4回戦:【赤緑黒】×○×
●1戦目

○2戦目
相手が回らずこちらが回り勝ち。

●3戦目
《栄光の神バントゥ》が処理できず苦戦。相手クリーチャーをすべてマスブロまで追い込み、ブロッカーをサクられ残るライフは1で相手の場は《バントゥ》のみ。相手に手札はなくクリーチャーさえ引かれなければ勝ちな場面でしたが、占術がトップだった時点でお察し。白熱した良い試合でした。

デッキ自体は悪くなかったと思うものの、除去が必要な時に3ターン土地引きや、5マナに届けば除去を撃てるところで呪文を引き続けるなど、土地に恵まれない試合が多かった印象。もちろん、コンバットを始めとする腕の問題やプレミはあったのでまず人事を尽くす必要はあるのですが。

新カードの感想としては、
・《驚天+動地》が気持ち良い
・《野望のカルトーシュ》強い
・《ハパチラ》が想像以上に機能しない

・《栄光をもたらすもの》はバグ
・「不朽」が長期戦に滅法強い
・《ロナスの碑》がえげつない

と言った感じでしょうか。

不甲斐ない結果に終わりましたので、次回はもう少し白星を挙げたいところ。

ちなみに余談ですが、会場で何人か有名プレイヤーの方々を見かけ、「都内なんだなあ」とお上りさん気分を味わいました。

では今回はこの辺で。次回は「しろくろ2017」に関する記事になると思われます。