自分語りのブログ

TRPGやTCGあれこれ、本や映画の感想、その他雑記などを気ままに。

WS:4種選抜TPあれこれ

ブログ更新を怠っていましたので急遽テキトーにヴァイスシュヴァルツの記事でも書こうかと。何だか大会に参加するのが億劫になると書くネタがなくなりますね。記事になりそうなネタとしては、映画『虐殺器官』観てきました。が、一週間以上経ってしまい記憶もあやふや、記事にするほどでもないかと思いずるずると更新を怠る体たらく。ちなみに映画自体は面白かったので迷っている方は是非。原作既読だとより分かりやすいので原作も是非是非。

と、閑話休題。『デレマス』に4種選抜が設けられることが告知されたのも今は昔、既に制限改訂は施行されてしまいました。《渋谷 凛》は「TP」の潤滑油であったこともあり正直デッキ崩壊を覚悟していましたが、先日改定後の「TP」を回す機会に恵まれたので今回はそれを受けての雑感です。大会で結果を残したわけではないですし、既に先人が歩いた道かも知れませんが、自分用のメモも兼ねて。

まず選抜ですが、自分は余程のことがない限り《Power of Smile 凛》選抜で行く予定です。低コストでの5連パン、6連パンは他にはない殺意だと思っています。殺意高すぎて詰めが甘いのはご愛嬌。また、TP以外の軸についてはカードを持っていないのでそもそも選択肢にありませんのであしからず。以下採用中あるいは採用検討中のカードについて。

【増量枠】
・《Project:krone 橘ありす》
優秀ながら枠の関係で1枚だったものを2枚に。山を掘る枚数は減るものの、腐る場面はないと思います。

・《最高のチーム みく》
《Trancing Pulse 加蓮》に触れるカードが減ったことを受けての増量。この手のCXを切ってキャラを回収するカードは個人的に好きです。《渋谷 凛》のために青の枚数を維持する必要がなくなったのも増量要因の一つ。

【新規枠】
・《島村 卯月》
山を削るカードと言うことで雑に投入してみたものの、思いのほか活躍をしてくれました。ただ、中盤以降でのレストするデメリットは重く、山のCXが消え去った後でもないと気軽には出せません。

・《マイファーストスター かな子》
《渋谷 凛》による色拘束から解き放たれた結果の赤枠。確実に「島風シナジー」を言うために重宝したりします。ただ『リゼロ』の《大精霊 パック》や『SAO』など上手く機能しないタイトルも考慮し2枚。

【未使用ながら採用検討中】
・《城ヶ崎 莉嘉》
《大切な場所で 楓》が弱いのでは、と思い至り試そうと思っている移動枠。微力ながら山削りとして働く上、全面移動は格段に生き残りやすくなるはず。《楓》は弱くないものの、現状3500が機能しないことも多く現在検討中です。ただ《Triad Primus》を撃つ際にストックに出来ないのが懸念材料。あとは2500の踏まれやすさ。

・《本田 未央》
移動メタ。相手の出端を挫ければと思い検討中。最近ではLV0以外でも移動テキストを持っているカードは多いのでそれらも対策できればな、と。

・《十時 愛梨》
噛んだCXを吐く手段兼山削り要員。検討中とは言えこの1枚に関して言えば強いかどうか自信はありません。ただ、ミラーの際などに《Trancing Pulse 凛》が共倒れしなくなるのは大きいはず。

・《木村 夏樹》
先ほど「デレステ」プレイ時に踊るなつきちを眺めるともなく眺めていてふと思い至った1枚。ストックとクロックを犠牲にしてはいますが、効果自体は強力。これを採用する場合は赤を増やし黄色は増やさない方向にするべきかと思います。気付いたときは天才かと思いましたが、眠気による錯覚かもしれません。

・《346プロ事務員 ちひろ》
流石に3000カウンターは警戒しないのでは!?、と期待している1枚。とは言え上手い人なら警戒可能だと思いますし、初見殺し枠だと思います。ぶっちゃけ「4CTP」と言いたいがための1枚。

STAR WARS』発売延期を受けてやることもなくなったのでしばらくは「TP」を調整する予定です。手応えは少なからずあるのでダブドラ噛まないことを祈りつつ大会でも出てみようかと。感触良ければ「しろくろフェス」では「TP」を握ることになると思います。

ではでは。